« ツールド下関 (スタッフアンケートのご記入について) | トップページ | 博多クリテER(映像) »

2010年11月 1日 (月)

博多クリテ(展開と考察) 加筆訂正あり

スタート時、天候は雨、路面は、ウェット。
風は、無さそうだがフロントホイールは、レース相性の良いシマノ7850−C24。
リアホイールは、コリマAERO+。
一般レースがあるのでスタート時間は、12時30分。
コース試走が15分設けてあったが時間が押していることもあり中止(涙)
自分としては、今年ロード初レース(笑)
なので不安が一杯、おまけにまた落車して怪我でもしたら絶対自転車から降りなければならないとプレッシャーを掛けている。
その中で試走が無いのは精神的に辛かった。
スタートは、最前列右側から。
心拍数は、96。意外に緊張は、していない。
ほぼ定刻にスタート。
コースは、道幅4〜10mのテクニカルな公園内道路。
路面の状況をみながら何処までバイクを倒せるか確認。意外にスリッピーな感じは、無
くて安心して走れる。タイヤ空気圧は、前後7.8kg。
1〜2周目は、様子をみながら5番目ぐらいの位置で展開。
ペースを作りながら様子を伺う。
コースのアタックポイントと危険箇所が重なっていてかなり気を使います。
3周目?4周目?だったかサイクルプラスな選手がヘアピンで僕の後輪にハスって落車発生。この時は、危なかったし後輪に振動が…。その影響か“パンク?終わった〜”と思いましたが何とか走れ大丈夫そうです。
それまでの周回でヘアピンを抜けて海沿い区間から小さい上りまでの辺りでペースが緩むのを確認して5周目にアタック。

Syudansou
ホームストレートに帰って来たときには、“もりちゃ〜ん”って嬉しい声がかかります。

近くのレースだとこう言う所が嬉しいですね〜。そしてそのまま単独で約2周逃げたが最大で8秒ぐらいだったかな?
その後、チームメイトの240RYOくんが逃げに乗ってくれサイクルプラスの人も同調、+健太ウルトラも後ろにいたらしい。
しかし、3人ESが入っていれば集団は、緩みませんね〜。
良い具合に泳がされた感じになりました。
もう少し逃げの人数が追って来てくれたら展開は、違っていたでしょうが仕方がありません。
結局10周目辺りで逃げが潰れました。

Img
それでもペースは、まったりしませんね〜。
何度かアタックは、かかりますが直ぐに潰れます。
アタックかけるタイミングが僕と一緒なら良い具合なんですがね。
前半かなり動いたので心臓がバクバクいってましたが10〜15周目までは、集団中間ぐら
いで脚を回復させる為にひらひらしてました。
ラスト3周位でするすると集団後方から上がっていっても前半動いていたのを皆知って
いるので文句言われません、なのでそこからまた積極的に動きます。
普段ならガーミンで周回数が容易に確認できますが雨なので見えずらい・・・(涙)
ラスト何周かも分からない状況で時間と平均時速から3周ぐらいと思考能力もしっかり
しています。
前にひとり逃げているが、10秒程度なので問題にならない。
そんなことを思いながら
現在の調子や脚質からスプリント勝負は無理・・・。
なので最終コーナーまでに良い位置取りで入ることが入賞の条件です。
そんな中240RYOが積極的に前で展開。
NAOTO&健太ULTRAのES勢もいる。
ESとしては、もってこいの展開。
応援団にも熱が入っているのが分かる。
しかし、ラスト3周の最終コーナー立ち上がりでもりちゃんの右脹脛に痙攣・・・。
前半動いたつけが回っています(汗)
約30名の集団の中間ぐらいで中切れを起こしそうになるが根性で追いつく。
後ろもかなり厳しそう。
ラスト2周は位置取り合戦って感じ。コロンビアのマーク・レンショウの様にヘルメッ
トで位置をこじ開けることは出来ませんが、肩とハンドルでスペースを作ります。
ラスト周回必然的にペースが上がり前の逃げが潰れます。
位置取りも血走ってます。
転けられん〜!
後方で落車の音がガッシャン、ガッシャンと響きます。
怒声&罵声も・・・。
海沿い区間が終わった辺りが道幅が4m程に成るので10番目ぐらい直ぐ前に右京選手

右京選手の後ろなら行ける!
おまけに先頭付近ESのジャージ、展開的に240RYOが引いてる。
NAOTO&健太も周りにいる!
よし最終コーナーで前に出てやるっと思って準備していたら・・・。
何と右京選手が右側にスルスルっと傾れる???落車誘発(ORZ)
何とか、すり抜け先頭にまだ追いつける程度。
が!先頭で落車・・・!おまけにESジャージ・・・240RYOです。(ORZ)
自転車が、物凄い勢いで吹っ飛んで2回転します。大丈夫???
この間に上手くすり抜けた5〜6名が5〜6秒先行。
健太ULTRAと必死に追いかけるもどうにもならず。
ゴール前300mを2〜3名で追ったが離れるばかり。
いっぱいいっぱいの健太ULTRAが右に倒れる・・・やば!っと思ったら落車!
健太に気にするな踏め〜!って声を掛けるも時既に遅し・・・。
それまで足を使っていたのとその落車で気持ちが、ぷつっと切れてしまいレース終了で
した。
(よかった点)
・レース前半から積極的に前々で展開できた。
・本調子でなくてもそこそこ走れた。
・落車への対応、最後の100m以外は、常に集中していた。
・怪我の後、3ヶ月で沖縄前にレースに復帰でき、また本格的なレースで走れた。
・みんなの応援
・ゴール後、吐いた(追い込めてた)
・男前な走りが出来た。

(悪かった点)
・逃げて勝つことへの拘りが捨てきれない。
・勝負どころを作ってやると睨んだが早すぎた。
・入賞してやると言う気持ちが無くて死ぬ気で追い、ゴール前でスプリントしなかった

・積極的に動いていたのでポイント賞ぐらい狙えば良かった。
・前半〜残り3周ぐらいまで周回数が???だった。
・残り3周の最終コーナーで脚が攣った。(水分+補給が上手くいっていない)
・男前の走りをすると結果がついてこんと師匠に叱られた。

成績:ER 12位

距離:41.4Km(1周2.3Km 18周回)

AVスピード:39.04Km

MAXスピード:53.0Km

AVケイデンス:98

AVHR:174

MAXHR:187

|

« ツールド下関 (スタッフアンケートのご記入について) | トップページ | 博多クリテER(映像) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193785/49904718

この記事へのトラックバック一覧です: 博多クリテ(展開と考察) 加筆訂正あり:

« ツールド下関 (スタッフアンケートのご記入について) | トップページ | 博多クリテER(映像) »